2007年10月26日 (金)

徳丸の猫

10261

谷の底に当たる場所はごく普通の住宅街でした。そこでも猫の姿を捜しながら歩いていると、「ぶみゃー」と呼び止められました。振り返ると年寄りの猫が鳴いていました。写真では普通っぽく見えるけど、結構な年寄り猫でしたよ。


10262

先程から「ぶみゃーぶみゃー」の連続です。触っても全然平気でしたよ。もしかして、誰かと勘違いしていないかい? この辺りで面倒を見てもらってる雰囲気がありありだもんね。それじゃそろそろお暇しますね。なかなか愛敬のある猫でしたよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

徳丸の猫

10241

徳丸の町には都内でも珍しく谷があります。高台から下っていく階段を歩いていると毛長の猫が寝ていました。カメラを取り出すより早く猫が目を覚まし、、「にゃー」と鳴きながら寄って来て、足下でゴロゴロしはじめるじゃないです。寝姿を撮る事は出来なかったけど、遊んでくれる猫に出会えた嬉しさの方が大きかったなぁ。


10242

頭を“コスコス”されると嬉しいんだ。「ふにゃーふにゃー」と泣き続けてます。触らせてもらえるのは最高に嬉しいんだけど、抜け毛が凄いよ。普段はそんなに触ってもらってないのかな。


10243

あの~、口が半開きのままだよ。気持ち良くなってるのはわかるんだけどさ。映画の『プレデター』の口みたいになってるよ。鳴き声が「ふにゃー」から「ぐるぅ、ぐるぅ」に変わってきました。触って君だったんだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)